MBCトップ > テレビTOP > ど~んと鹿児島

どーんと鹿児島
「どーんと鹿児島」のコンセプトは『鹿児島が舞台』、2013年10月で30年目を迎えました。
グルメ、温泉、旅情報、おでかけスポットや、スポーツドキュメント、事件・災害検証、時事討論まで!
出演者のほとんどは、鹿児島で暮らす人々です。
◆◇◆オンエアを見逃した方にも朗報!金曜 深夜 24:30~再放送!◆◇◆
E-mail donkago@mbc.co.jp

4月5日 4/5の放送は・・
特別番組のため、お休みです。次回の放送をお楽しみに!
放送でご紹介したお店情報や、おでかけスポットなどは、放送日の「リスト」マークをクリックすると詳しい情報が表示されます。
2012年 次の月へ→
12月19日 ぼくたち、ビデオジャーナリスト!
ビデオジャーナリストとは、主にテレビのニュースリポートで、話題探しから取材・撮影・構成・編集までの全工程を、全てひとりで行う人のこと。そんなビデオジャーナリストのお仕事を、伊佐市立羽月小学校の5・6年生が実際に体験!みんなが作った"ふるさとたっぷり"な地域のニュースを、どーんとご紹介します。
12月12日 激戦区!かごしまのラーメン〜生き残りをかけて〜
ラーメン王国鹿児島には、およそ600軒のラーメン店があります。新しい店が次々にオープンする中、消えゆく店もあります。激戦区といわれる鹿児島で生き残るために、各店舗は麺やスープ、接客、雰囲気、店づくりなど様ざまなこだわりを持っています。その他には、生き残りをかけたどんな秘策があるのでしょうか?老舗のラーメン店から、人気店、新しくオープンした店まで、1杯のラーメンに込めた思いを探ります。伝統を受け継ぐ昭和30年創業の味から、鹿児島初上陸の新しい味、新スタイルでチャレンジする店など、最新の情報も織り込みながら、鹿児島のラーメンのいまに迫ります。
12月5日 お湯自慢!かごしま冬の温泉銭湯2012
冬になると入りたくなるあったか〜い温泉。温泉王国とも言われる鹿児島では銭湯の多くが温泉を利用しています。10月、経営が厳しくなったということで県公衆浴場組合が6年ぶりの銭湯料金の値上げに踏み切りました。それでもお湯がいい!ということでやってくる利用客。そこには、温泉銭湯を守る人々の温かい思いがありました。湯あがりグルメに散歩コースなどもちょっぴり紹介しながら地元の人々に愛され続ける鹿児島の「温泉・銭湯」をめぐります。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。